> > > ステンドグラス

ステンドグラス

*そもそもステンドグラスとは?

 

その名の通り、「stained-glass」=染みを付けた、腐色させたガラスを指します。

ガラスにエイシッド技法(酸でガラスを腐食させて濃淡を表現する技法)や、顔料で線や絵を描いたり、陰影などを表現し焼成などが施されたもののことです。

色のガラスを組み合わせただけのものは、ステンドグラスアートになります。

 

ステンドグラス

グラスアートのサンキャッチャー

 

・エイシッド技法

ガラスを酸で濃淡をつける技法。

もともとこのガラスはイエローとブルーの二重構造になっています。エイシッド技法にて

作業を施しこのように1ピースの中に色の変化を表現しています。

 

 

エイシッド技法の部分を拡大しました

 

 

 

・色ガラス+絵付け

2種類の顔料で絵付けをしています。

 

ハチもひとつひとつ手描きします

花の黒い模様は絵付け

黄色地に赤い水玉はエイシッド技法

 

 

文字をガラスに書くと

看板にもなりますね

 

 

*ステンドグラスアート

デザインを決めてガラスをカットし、周りを銅のテープで巻き鉛を半田ごてで溶かして繋げていきます。(立体、平面)

鉛は銀色になりますが、更に溶剤を塗って酸化させ、黒っぽくや銅色っぽくもできます。

 

 

ステンドグラスの額装は、木製や鋳物の額に入れたりしますが、デザインや掛ける場所によりケイム(鉛)のまま仕上げることも多々あります。

 

*ガラスの色について

ヨーロッパのガラスは透過性と発色がよくとても綺麗です。中でもアンティークガラス(吹きガラスなど)は格別です。手作りなのでガラスの厚みや仕上がりで色に深みや艶がありとても美しいです。

ニューアンティークガラスも安定した綺麗な色があるので表現によってよく使います。

ガラス自体に模様が入っているものや気泡が入っているものも美しいです。

ガラスの色はヨーロッパの空に合う色もありますが、日本の空によく馴染む色があるのでそれぞれの風土や作品のイメージ、飾る場所によりガラスを選択することはとても大事です。

工房にはたくさんのガラスがあります

いろんなガラス板を切って組み合わせて作っていきます

  

アメリカのティファニー風ガラスもランプにすると、とても雰囲気があってステキな作品になります

 

コメント